手汗には手汗専用の制汗剤「ファリネ」が一番おすすめ

ファリネを実際に購入して効果を体験してみた

手汗制汗剤のファリネのあれこれ

ファリネを簡単に説明すると、手汗専用として開発された制汗剤です。
ファリネは、パウダータイプの制汗剤で、いざという時にさっと取り出して、手のひらにポンポンとファリネを塗っていきます。
粉自体は白い粉ですが、手が白くなることはありません。見た目でもほとんどわからないくらい自然な形で手汗を抑えてくれます。
そして、ベタつかず、塗った瞬間からサラサラ感が持続してくれます。

使い続けることで手汗が軽減されることが一番のメリットかも

ファリネは一時的な手汗を抑えるために最適な制汗剤ですが、ファリネを使い続けることで、手汗の軽減、制汗はもちろん、持続力もアップしていきます。
今まで手汗で諦めていた人にとっては嬉しいですよね。

ファリネの容量と目安

容量:6g
使用回数にして約150回使えるくらいの容量になっています。
もちろん使用状況によって異なりますが・・・

ファリネを実際に使ってみた

ファリネは公式サイトで注文して、2日後に配達のお兄さんが届けてくれました。
※住んでいるところが関東っていうのもあるかもしれんが、配送は早いほうだと思います。
さっそく使ってみたいと思います。
ファリネの蓋を開けてみると、白いスポンジがついています。
このスポンジから、白いの微粒子の粉が出てきます。

ファリネを実際に購入して効果を体験してみた

微粒子をもっとわかりやすくするために、ちょっと手で微粒子を触ってみました。
使いやすいパウダータイプです。
写真は腕に付けてみました。(ホントはだめなんでしょうけど・・・)

ファリネを実際に購入して効果を体験してみた

実際にファリネを使う時は、ファリネのスポンジ部分(白いところ)を手のひらにポンポンっとあてていく感じになります。
とてもシンプルで簡単です。

ファリネを実際に購入して効果を体験してみた

付けた後は、とてもサラサラ感になります。白い微粒子は全然目立ちません。自分ですらわからないくらいですから、第三者にばれることはないと思います。
ファリネには、公式サイトにも書いてありますが、何度も長期的に使うことで手汗を量を減らしくれるみたいです。
手汗を止める手段として「手術」を選ぶ方もいると思いますが、第一段階としてファリネで十分ケアができます。
>>手汗を止める専用制汗剤「ファリネ」の詳細

ファリネの良いところ

個人的にファリネでよかった点をまとめてみました。

容器がシンプルで制汗剤と思えない

使用している写真を見るとわかると思いますが、容器にこだわっている感があって、制汗剤とおもえないような作りになっています。
私のように「手汗」をコンプレックスと思っている人には、嬉しいですね。

医学部外品であること

ファリネは医学部外品に分類される商品になります。自宅や外出先で制汗効果を実感することができます。

医薬部外品とは

一般的な制汗剤は薬事法により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つに分類しています。
医薬品は病気の「治療」を目的とした薬を指し、医薬部外品は厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分を使用されているものを指します。
化粧品に関しては、治療というよりは防止・衛生で作られているものため、効果のある制汗剤を選ぶときには「医薬部外品」を選ぶ必要があります。

効果が大きいのは?

化粧品 < 医薬部外品(薬用化粧品) < 医薬品

日本で生産、販売

制汗剤でも日本で生産されているものもあれば海外で生産されている商品もあります。
ファリネは、国内工場で生産され販売されている商品ですので、安心して使用することができます。

90日間の返金保証

一度試したいけど、自分の肌にあるかわからない、効果があるかわからないと思っている方にとっては嬉しい90日間返金保証があります。
もし思っていたものとことやる場合や、効果が実感されない方はこの返金保証制度を利用すると良いです。
返金保証には制限等があるので一度公式サイトで確認することをおすすめします。

まとめ

制汗剤選びで悩まれている方は、一度ファリネを試してみてください。
思っていた以上に、即効で手汗が止まります。そしてファリネの容器も制汗剤っぽくなくそして持ち運びもしやすいです。
また継続利用することで、手汗の出る量も減らしていってくれます。
>>手汗を止める専用制汗剤「ファリネ」の詳細