好きな人と手を繋ぐときや、仕事などで握手する時など、手汗で手がびっしょり濡れてしまって恥ずかしい経験をされている方ってたくさんいます。

または、常日頃から手が湿っているという方もいると思います。

そこで、手汗を止めるための対処法をご紹介します。

手汗がひどくて消極的になってたりしませんか?

  • 可能であれば人と手を握りたくない
  • 大事な書類がすぐ濡れて破れてしまう
  • スマホの画面が操作しにくい、または反応が鈍くなる
  • 車の運転中ハンドルが滑ってしまう

手汗の悩みは人によって様々かもしれません。
手汗は場合によって、相手を不愉快にさせる可能性がありますので、手汗のケアはしっかりやりましょう。

手汗を止めたい!原因は人によって様々

手汗が出てしまう原因は、人によって様々ですが、主な原因は下記になります。

ストレス

現代社会は、ストレスを感じやすい社会と言われています。例えば、成長とともに出てくる環境への変化や、家庭内での問題、仕事での問題などストレスを感じることがあると思います。
こういったストレスは、慢性ストレスになってしまい体調不良をおこしたり、交感神経が過剰に反応してしまい手汗が異常に出てしまったりします。

緊張・不安

学校の発表会や仕事で人前でプレゼンする時など、緊張で大量に手汗が出た経験はありませんか?
人は、緊張や不安を感じてしまうと、ストレスと同様に交感神経が過剰に反応します。そして、手汗が大量に出てしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

特に女性に多い原因がホルモンバランスの乱れです。
なぜ、ホルモンバランスの乱れが手汗の原因になるのか?それは、ホルモンバランスと自律神経を調整している組織が、脳と一緒だからです。
その結果、交感神経が刺激され、発汗してしまう事になります。
ホルモンバランスが乱れやすい時期は、生理前後、妊娠中、更年期です。

病気

手汗が大量に出てしまうのは、病気の症状の可能性もあります。代表的な病気を下記にまとめてみました。

  • 甲状腺亢進症
  • 糖尿病
  • 結核
  • 自律神経失調症
  • 更年期障害

一般的な人は、病気の可能性は低く、ストレスや緊張、ホルモンバランスなどから起きることがほとんどです。
まずは、制汗剤などで十分予防できますので、制汗剤を試してみてください。

手汗を止めて悩みを解消する方法

手汗を止める方法として、3通りあります。

生活習慣を見直す

手汗を抑制するためには、規則正しい生活や十分な睡眠などおこなう必要があります。
自律神経が整うことで、手汗を抑え、さらにストレスや疲労を感じにくくなります。
また、脇や手のひらは、汗腺が多いため汗をかきやすい部位なため、適度な運動をすることで体全体で汗をかくようになり、手汗の量を減らすこともできます。

制汗剤を使う

制汗剤を使う場合は、一時的には有効ですが使用しなくなると、また手汗で悩まされてしまいます。
大事な場面や、ちょっと手汗が気になる時には、制汗剤を使ううと良いです。

病院で手術(多汗症)

病院では、手汗は多汗症として取り扱われます。
とにかく手汗がひどい場合は、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

多汗症について交感神経が常に高ぶった状態で、手のひら、わき、足裏に過剰な発汗をきたす疾患です。人口に2%の比率で患者がいると言われています。
※一般的な手汗は、緊張やストレスからのもので、手術するものではありません。多汗症の保険適用について多汗症の手術は健康保険のなっています。
治療費用は状態によって様々です。ある一例だと、3割負担で日帰り入院約11万5千円、1泊2日12万5千円です。

チェック
一般的な手汗は、制汗剤や生活習慣で抑えることができます。ポタポタと汗が垂れるほどひどい場合は、病院で診てもらいましょう。

即効性・使いやすさで選ぶならジェルタイプのフレナーラ

フレナーラは、ジェルタイプの制汗剤で医薬部外品の商品になります。

実際にフレナーラを試してみました。

使いか方はとても簡単!2プッシュして手になじますだけ

フレナーラを手のひらに2プッシュして、両手で手のひらをこすり合わせながらまんべんなく伸ばしていきます。

手汗は手のひらの線から出やすいために、線のくぼみや指と指の間にもまんべんなく伸ばすと良いです。

その後しばらくは、ベトベト間を感じるかもしれませんが、乾いてくるとビックリするくらいサラサラになります。

ジェルタイプなので、粉が付いたり付け漏れといったこともありません。

手汗以外にもワキや足の裏など気になる部分に使える

フレナーラは、手汗用の制汗剤ですが、ワキや足の裏といった汗が気になる部位にも使える制汗剤です。

また、プッシュ式は一度手に平に付けて気になる部位に塗布する手間がかかりデメリットに感じる方もいるかもしれません。

しかし、雑菌が多い脇や足の裏の場合は、商品自体を直接塗布する商品に比べるとフレナーラのようなプッシュ式の方が、清潔に使用することができます。

汗のことで悩まれされている方は、フレナーラを一度試してみると良いと思います。

180日間の返金保証制度あり

ファリネも医薬部外品の商品ですが、フレナーラの方が金額も安く、万が一の時に役に立つ180日間の返金保証制度も付いてきます。

ネットで商品を購入する場合、お試しで使用することができないため、実際に商品を購入してご自身の肌にあうか、効果を感じられるか検証しなければいけません。しかし、返金保証があることで、万が一の時に利用できますので、安心して購入できると思います。

手汗制汗剤で悩んでいる方は、まずフレナーラが試してみてください。

おすすめの使い方は、お出かけする前に使います。日中気にだしたら、その都度使うと良いです。

また着けた後の変なベトベト感や臭いもないので、気にせず過ごせると思います。

手汗を止めるための制汗剤を選ぶ時のポイント

手汗を止めるための制汗剤は、ドラッグストアやネットといったお店で販売されていますが、実際どれを選んだらいいかわからない人もいると思います。

手汗を止めるための制汗剤選びで、チェックしておきたいポイントをまとめてみました。

「医薬部外品」であること!

医薬部外品であるかどうかは商品パッケージやネットで購入する場合は、販売ページにわかりやすく表記されている場合があります。

医薬部外品は、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されていてる商品になります。

ですので、効果がはっきりとしない制汗剤を使うより、効果が認められている「医薬部外品」を選ぶと良いです。

手軽で使いやすい持続性がある制汗剤であること

手汗は、どんなときにも出てきてしまうものです。いざという時にさっ使いやすい、そして持続性が良いものを選ぶと良いです。

返金保証制度が充実していること

返金保証制度は、商品を使用してみて効果が感じられなかったり、万が一肌に合わなかった場合など、商品代金を返金してくれる制度になります。

消費者にとって万が一の時に使える制度でとても便利ですが、販売者側の自信の表れでもあります。

手汗を止める制汗剤おすすめランキング

私も、手汗で悩まされた一人です。
下記の点でランキング順位付けしています。

  • 制汗剤でにんきである
  • コストが低く、効果が期待できる
  • 使いやすさ
  • 「医薬部外品」である
  • 無添加の商品である

最近の制汗剤は長時間持続するようになってきました。
そして、使いやすさも格段とアップしています。

  1. フレナーラ

    フレナーラC
    価格 4.5
    使いやすさ 5.0
    おすすめ度 5.0
    フレナーラの特徴
    • 日本で開発・販売されている
    • 医薬部外品で手汗を止める効果が認められている
    • 小さいお子さんからお年寄りまで家族みんなで飲める
    • 無添加で肌が弱い方にも安心して使用できる
    • 雑誌・メディアに多数掲載
    基本情報
    定価 8,500円
    定期コース価格 初回850円(8,000円OFF)、2回目以降4,250円(50%OFF)
    定期コース縛り コースによりますが、4回、6回、12回の継続が必要
    継続費用 初回:850円
    2ヶ月目:4,250円(定価の50%OFF)
    3ヶ月目:4,250円(定価の50%OFF)
    返金保証 あり(180日間返金保証)
    送料 定期コースは無料
    特典 手汗ケア7つのコツプレゼント
    管理人のレビュー

    フレナーラは皮膚に浸透しやすいジェルタイプの制汗剤になります。お出かけ前に、2プッシュするだけで制汗できるのが特徴で塗った後のベトベト感もありません。 ジェルタイプの制汗剤が良いって方は「フレナーラ」がおすすめです。

    初めて「医薬部外品」の制汗剤を購入を検討されている方は、フレナーラは初回金額も安いですし万が一肌に合わなかった場合や、効果が実感できなかった場合に使用できる返金保証180間がありますのでおすすめです。

    フレナーラの公式サイトへ

  2. ファリネ

    ファリネ
    価格 4.0
    使いやすさ 4.0
    おすすめ度 4.0
    ファリネの特徴
    • 日本で開発・販売されている
    • 医薬部外品で手汗を止める効果が認められている
    • 小さいお子さんからお年寄りまで家族みんなで飲める
    • 無添加で肌が弱い方にも安心して使用できる
    • 雑誌・メディアに多数掲載
    定価 8,890円
    定期コース価格 初回2,667円(定価の70%OFF)、2回目以降6,800円
    定期コース縛り 最低3回の継続が必要
    継続費用 初回:2,667円(定価の70%OFF)
    2ヶ月目:6,800円
    3ヶ月目:6,800円
    返金保証 あり(30日間返金保証)
    送料 定期コースは無料
    特典
    管理人のレビュー

    farine(ファリネ)は、パウダータイプの制汗剤になります。ファリネも医薬部外品の商品です。

    フレナーラと比べると購入金額が少々高めですが、、ベトベトした手のひらを1日中サラサラ状態にしてくれます。

    また付けた後の変なベトベト感や臭いもないので、他の人にばれることもありません。

    フレナーラと同様、返金保証期間は30日間と短いですが、ご自身の肌に合うか不安な方や効果があるか試したい方におすすめです。

    ファリネの公式サイトへ

  3. アセッパー

    アセッパー
    価格 4.0
    使いやすさ 5.0
    おすすめ度 3.0
    ファリネの特徴
    • 体の中から整えるタイプ
    • 日本製国内生産
    • 返金保証30日
    基本情報
    定価 6,800円
    定期コース価格 初回4,800円、2回目以降5,440円
    定期コース縛り 2回の継続が必要
    継続費用 初回:4,800円
    2ヶ月目:5,440円
    3ヶ月目:5,440円
    返金保証 あり(30日間返金保証)
    送料 定期コースは無料
    特典
    管理人のレビュー

    アセッパーは、飲むタイプになります。

    他の制汗剤と違い、即効性に欠けていますが、継続して飲むことにより、体質を改善し、汗の量を減らしていきます。

    手汗というより体全体で汗をかきやすい人には向いている商品です。

    アセッパーの公式サイトへ

市販されている制汗剤との違い

ドラッグストアやスーパーなどにも制汗剤は売っていたりしますが、手汗専用の制汗剤があまり置いていなかったりします。

また、金額が安い分、制汗の効果がある成分をたっぷりと使用していなかったり、持続性に欠けていたりします。

ドラックストアなどで販売されている市販の制汗剤との違いをまとめてみました。

ドラッグストアなどで販売されている制汗剤の特徴

  • 制汗剤として一時的な効果はあるが、清涼感重視のため持続性がないものがある
  • 価格が安価で消費者にとってはメリットですが、その場しのぎの制汗剤になっている
  • 添加物を入れたりしてごまかしている商品もある

価格が安価の分、長期的に手汗を減らしたい場合は不向きの場合がある

フレナーラやファリネの特徴

  • 制汗する効果が認められている医薬部外品商品
  • べたべたせず、乾燥させすぎないように適度な潤いをキープしてくれる
  • 手汗の原因となるエクリン腺から出る汗をしっかり制汗剤でブロックする
  • 継続利用することで手汗の軽減、制汗はもちろん、持続力もアップ
  • お肌が敏感な方でも使える無添加

長期的に利用することで手汗を軽減できるが、市販の制汗剤より金額が少々高め

手汗を止めるには手汗専用の制汗剤をおすすめします。手汗を心配せず1日を過ごすことができます。

医薬部外品とは一般的な制汗剤は薬事法により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つに分類しています。
医薬品は病気の「治療」を目的とした薬を指し、医薬部外品は厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分を使用されているものを指します。
化粧品に関しては、治療というよりは防止・衛生で作られているものため、効果のある制汗剤を選ぶときには「医薬部外品」を選ぶ必要があります。
効果が大きいのは?化粧品 < 医薬部外品(薬用化粧品) < 医薬品

手汗がどうしても止まらい場合に考えられる理由

知恵袋やアットコスメなどの口コミ情報を見ていると、制汗剤を使っているにも関わらず手汗が止まらないという人もいるようで考えられる原因をまとめてみました。

病気の可能性

手汗だけひどくなった場合は手掌多汗症の可能性が高いです。また、体全体で汗をかいている場合は、自律神経出張症や、糖尿病、甲状腺機能亢進症などの病気の可能性があります。

制汗剤でも汗を止めることができない時は、手汗だからと思わず病院に行くことをおすすめします。

安い制汗剤を使っている

ドラックストアやコンビニなどで売っている安い制汗剤は、汗を止める作用がある塩化アルミニウム成分などが入っておらず冷気で乾かすタイプのものがあります。

こういった場合、一瞬もしくは1時間くらいしか効果がありません。

制汗剤を使い続けていない

制汗剤にあまりお金をかけたくないのは誰もが思うことですが、制汗剤は使い続けることに効果を発揮しています。手はものを持ったり洗ったりするため制汗剤も少しづつ落ちてしまうことがあります。

ですので、手汗を止めたい場合は定期的に使用する必要があります。

手汗が止まれば気持ちも楽になる

手汗が原因で、人とのコミュニケーションを避けたり、PCやスマホといった電子機器の操作が苦手だったリ、握手を避けるなどされている人が多いです。

逆に手汗さえ改善されれば、気持ちも楽になり違った光景が見えてくると思います。

制汗剤は、不要な人には不要なものでなかなかお金をかけたくない商品でもありますが、手汗が止まったとのあとの自分はそれ以上のものがあると思います。

今は手汗専用の制汗剤もあり、病院での治療を受けることも可能です。

まずは、簡単にはじめられる制汗剤で手汗を克服してみてはいかがでしょうか。